よくあるご質問

インターネットバンキング(でんさい)

サービス内容

「でんさい」とはなんですか?

一般社団法人全国銀行協会が設立した「株式会社全銀電子債権ネットワーク」(通称「でんさいネット」)が取り扱う電子債権のことをいいます。

利用できる時間を教えてください。

平日(銀行営業日)   8:00~21:00
土日祝(銀行休業日)  8:00~15:00
※毎月第2土曜日、12月31日から1月3日、5月3日から5月5日はご利用できません。
※15時を過ぎてのご利用は予約取引のみとなります。

ご利用手数料

「でんさい」を利用するにはいくらかかりますか?

ご利用手数料についてはこちらの <ほくぎん>電子債権サービス手数料一覧表でご確認ください。

手数料はいつ引き落としになりますか?

月末締めの翌月17日に引き落としになります。

債権者としての利用だけでも手数料がかかりますか?

決済手数料216円がかかります。

お申込

「でんさい」の申込の手続きは?

お取引店の窓口までご連絡お願いします。

申込書のほかに必要な書類はありますか?

ご利用いただくサービスによっては商業登記簿謄本、印鑑証明書が必要となる場合があります。詳しくはお取引店にご相談ください。

「でんさい」だけを申込することはできますか?

北陸銀行で「でんさい」を利用するためには法人向けインターネットバンキングの「ビジネスIB」あるいは「ほっと君WebJr.」のご契約が必要です。

いつから使えるようになりますか?

申込書類を頂戴し、登録が完了後、お取引店から利用者番号の通知書および操作ガイドなどをお受け取りいただき利用可能となります。目安は2週間から3週間です。

「契約内容変更のご案内」と北陸銀行からメールを受信したが何が変わったのですか?

でんさいの登録が完了した場合に、メールが送信される仕組みです。
給与振込などインターネットバンキングのサービスの追加・削除を行った際も同様のメールが送信されます。

ご利用環境

推奨環境は?

「ビジネスIB」および「ほっと君WebJr.」のご利用条件と同一です。
「ビジネスIB」ご利用条件を参照ください。

必要な通信環境は?

ブロードバンド環境を推奨します。

スマートフォン、タブレット端末で利用することはできますか?

スマートフォン、タブレット端末では利用することはできません。

複数のパソコンおよび利用者で利用することはできますか?

「ほっと君WebJr.」でしたら、1契約で20台のパソコン(20名)でご利用いただけます。
「ビジネスIB」でしたら、1契約で100台のパソコン(100名)でご利用いただけます。

パスワード

承認パスワードはどんな時に使いますか?

発生記録請求、譲度記録請求、変更記録請求などの仮登録を承認するためのパスワードです。
ユーザ権限の変更の際にも利用します。

承認パスワードはどうやって設定しますか?

承認権限を持ったユーザが初めて<ほくぎん>電子債権サービスにログインすると自動的に承認パスワード設定画面が表示されます。

承認パスワードを複数回間違えて、使えなくなりました。どうしたらよいですか?

マスターユーザの場合と一般ユーザの場合で対応が異なります。

○マスターユーザの場合
マスターユーザが一人の場合は書面でのお手続きが必要です。お取引店へご連絡願います。
二人以上マスターユーザがいる場合は他のマスターユーザに承認パスワードの初期化を依頼してください。
○一般ユーザの場合
マスターユーザに承認パスワードの初期化を依頼してください。

承認パスワードの変更の画面が表示されました。必ず変更しなければいけませんか?

承認パスワードの有効期限は60日間です。有効期限が近づいてくるとパスワードの変更を促すお知らせが表示されます。管理業務でパスワードを変更しない場合、期限後に自動的にパスワードの変更画面が表示されます。パスワードは変更しないと承認業務が行えません。承認パスワードは前回と同一のものを利用可能ですが、セキュリティ確保のため定期的な変更をお願いします。

初期設定

「ビジネスIB」「ほっと君WebJr.」のトップページに電子債権のメニューが表示されません。どうすればよいですか?

<ほくぎん>電子債権サービスを申込するとマスターユーザには自動的に利用権限が付与されます。
一方管理者ユーザおよび一般ユーザは自動的に権限が付与されません。
管理者ユーザ、一般ユーザのかたはマスターユーザに権限の付与を依頼してください。

マスターユーザが始めて<ほくぎん>電子債権サービスにログインしました。 メニューに債権情報照会と管理業務の2種類しか表示されていません。どうしてですか。

権限の設定を行うとメニューが表示されます。
[管理業務]→[ユーザ情報管理]から権限の設定を行ってください。

「でんさい」の利用者を追加したいのですが、どうしたらよいですか?

「ビジネスIB」または「ほっと君WebJr.」で電子債権サービスの利用権限を持った新しいユーザを作成してください。その後<ほくぎん>電子債権サービスにログインし[管理業務]→[ユーザ情報管理]→[更新] でユーザ情報を更新してください。

ユーザの権限の設定を行いましたが、メニューに表示されません。どうしたらよいですか?

権限の設定を行っていただいてもすぐにはメニューに表示されません。
一度<ほくぎん>電子債権サービスからログアウトしてください。
再度ログインするとメニューが表示されます。

発生記録

「発生記録」とはなんですか?

手形の振出に相当します。

取引先全てに「でんさい」での支払を行いたいです。どうすればよいですか。

「でんさい」は取引先も利用していないと発生することができません。
取引先に「でんさい」での支払いをしたい旨を通知し、取引先も「でんさい」を利用できるようにして下さい。 当行では導入に向けたサポートを行っております。詳しくはお取引店へお問い合わせください。

取引先の窓口金融機関が北陸銀行ではありません。「でんさい」を発生させることはできますか?

発生させることができます。取引先から利用者番号、決済口座情報を通知していただく必要がございます

債権者から「でんさい」を発生させることはできますか?

発生させることができます。事前に銀行への届出が必要です。債務者の窓口金融機関が債権者請求に対応していることも必要です。また、債権者から「でんさい」を発生後、5銀行営業日以内に債務者が承諾する必要があります。

発生記録に何か制限はありますか?

債権金額と支払期日に制限があります。債権金額が1万円未満と100億円以上の発生記録はできません。
また、発生日から7営業日以内と1年を超える日を支払期日とする発生記録はできません。

誤った「でんさい」を発生させてしまいました。どうすればいいですか?

①誤った「でんさい」を取消して、再度発生させる方法
債権者は当日を含む5営業日(15:00まで)以内かつ支払期日の7営業日前までであれば取消を行うことができます。(5営業日経過後は②の方法となります。)

 ②誤った記録内容を変更する方法
変更記録請求により記録内容を変更します。変更にあたっては利害関係者の承諾が必要です。
利害関係者が債務者と債権者の2人の場合は、どちらか一方が変更記録請求を行い、5銀行営業日以内に相手方の承諾を得ることで変更することができます。
利害関係者が3人以上(譲受人や保証人等)いる場合は、利害関係者全員の書面による承諾を、得たうえで窓口金融機関にこれを提出し、変更記録請求を行う必要があります。

発生記録請求の予約を取消することはできますか?

予約している発生日の前日まで取消することができます。
ただし、予約された「でんさい」に対して、譲渡記録の請求の予約がある場合はできません。

承認を期限内に行えませんでした。どうしたらよいですか?

担当者に差戻しをして振出日を修正し、再度仮登録を行って下さい。

承認時エラー情報にエラー内容が表示されています。どうすればいいですか?

担当者に差戻しをしてエラー項目を修正し、再度仮登録を行って下さい。

譲渡記録

予約中の「でんさい」を譲渡することはできますか?

譲渡予約することはできますが、発生の取消をすることができなくなりますのでご注意下さい。

誤って譲渡請求をしてしまいました。どうしたらいいですか?

予約中の場合は譲渡人、譲受人ともに譲渡請求を譲渡日前日まで取消することができます。
譲渡日以降は5営業日以内であれば譲受人が取消することができます。 譲渡人は取消できません。
取消後の当該債権に対する記録請求は取消前の譲渡予定日までできません。

割引

割引希望日の何日前までに申込しなければいけませんか?

希望日まで3営業日以上の余裕をもってお申込みください。
割引は当行での審査がございますので余裕をもって事前にお取引店にご相談下さい。

割引できる「でんさい」に制限はありますか?

支払期日の6営業日以内の割引は受付できません。

北陸銀行の審査が終わったことの通知はありますか?

北陸銀行宛てに「でんさい」の譲渡が完了した際にメールが送信されます。

北陸銀行とは別の金融機関が窓口金融機関となっている「でんさい」について割引の申込をすることはできますか?

直接申込することはできません。
窓口金融機関の「でんさい」サービスで操作をして当行の貴社口座を決済口座として譲渡していただく必要があります。譲渡が完了後<ほくぎん>電子債権サービスで割引の申込をお願いします。

変更記録

変更記録で変更できる項目は何ですか?

「支払期日」「債権金額」「譲渡制限の有無」を変更することができます。
また「債権の削除」の請求を行うこともできます。

変更記録を請求できる「でんさい」に条件はありますか?

支払期日の6営業日以内の「でんさい」は変更記録できません。
また、譲渡や保証などで利害関係者が3名以上の「でんさい」は書面での変更請求が必要です。

承諾

承諾が必要な業務は何ですか?

債権者請求による発生記録、変更記録、保証記録、支払等記録に承諾が必要です。
期限内に承諾がない場合は自動的に否認となります。

承諾・否認の期限はいつですか?

通知があった時、予約扱いのものは発生日から5営業日以内です。

照会

「でんさい」の記録はいつまで保存されていますか?

電子記録債権法で10年間保存することが義務付けられています。

「特例開示」とは何ですか?

<ほくぎん>電子債権サービスで通常の照会の対照外となる記録の内容を照会する方法です。
債権者、債務者、保証人、譲渡人、譲受人などの利害関係者ならびにその相続人が行うことができます。

操作履歴はいつまで照会可能ですか?

当日を含めて92日前まで照会可能です。

決済予定日ごとに期日管理をしたいのですが、どのように照会したらよいですか?

債権情報照会⇒債権照会(開示)⇒請求者区分を債権者に選択⇒並び順を支払期日に変更⇒再表示で支払期日ごとに並び替えて一覧で確認することができます。

その他

期日を待たずに現金で入金がありました。「でんさい」を取消したいのですがどうしたらいいですか?

債務者・債権者の一方から支払等記録請求を行います。
債務者から請求した場合は5営業日以内の承諾が必要です。
債権者が記録した場合は承諾不要です。

支払期日に残高不足でした。どのようになりますか?

期日の午後3時までに入金いただければ自動で決済いただけます。
入金処理にお時間がかかる可能性がありますのでお早めに入金をお願いします。
ご入金いただけず支払不能処分となった場合は、でんさいネットの全参加金融機関に支払不能情報が通知されます。さらに6ヶ月以内に2度目の支払不能処分となった場合はでんさいネットの全参加金融機関と2年間の取引停止処分となります。

支払不能処分に異議申立することはできますか?

第2号支払不能事由(契約不履行、不正作出等)となる債務者は支払期日までに異議申立預託金を預入することで異議申立できます。(不正作出の場合は異議申立預託金の預入の免除の申請もできます。)

取引先をまとめて登録することはできますか?

取引先をまとめて登録することはできます。
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧下さい。

会社の住所が変更になりました。手続きは必要ですか?

会社の住所や名称が変更になった場合はでんさいネットに登録が必要です。お取引店にご連絡いただき、必要書類等をご準備いただき、書面での届出をお願いいたします。