北陸銀行でできる!家計の見直し

北陸銀行でできる!家計の見直し

ライフシミュレーションはこちら

北陸銀行が「家計の見直し」をご案内します。こんなお悩みありませんか?

毎月の家賃が高い…

「毎月の家賃が高い」
と感じている方に…

毎月の保険料が高い…

「毎月の保険料が高い」
と感じている方に…

毎月の税金が高い…

「毎月の税金が高い」
と感じている方に…

住居費の見直し

金利が低いと言われる今、ご自宅を購入することで毎月の住居費を下げることができるかもしれません。北陸銀行では、住宅ローンのご相談を承っております。また、他の金融機関で住宅ローンをご利用の方も、返済額の見直しのご相談が可能です。

保険の見直し

例えば保険料が毎月3万円の生命保険に加入されている場合、今後30年間で支払う保険料の総額は1,080万円にも上ります。
住宅の次に高い買い物かもしれない生命保険ですが、

今、ご自身がどんな保険に加入しているか、覚えていますか?

まずは次の項目をチェックしてみましょう。
保険を見直しすることで、毎月の保険料が節約できる可能性もあります。

  • 加入されている保険では、どんなことが保障されていますか?
  • 加入されている保険が、いつまで自分やご家族を守ってくれるかご存じですか?
  • 同じような保険に何本も入っていませんか?
  • 将来、保険料が上がる保険に加入していませんか?
  • 最新の治療を受けた時に、保険金を受け取ることができますか?

1つでもわからないこと、気になることがある方は…

生命保険診断サービス

◎生命保険診断サービスとは
北陸銀行の『生命保険診断サービス』では、お客さまのお手元にある「保険証券」を拝見し、お客さまがどのような保険に加入され、どのような保障をご用意されているのか、無料で確認・ご説明いたします。是非お気軽にお近くの北陸銀行窓口へご相談ください。

税控除の活用

毎月コツコツ貯蓄している方! 生命保険に加入されている方!
やり方を工夫・見直しすれば、税控除の制度を活用して家計を助けることができるかもしれません。

ここでは2つの運用方法をご紹介します。

その1 iDeCoを活用!

iDeCoとは、公的年金に加えて老後にもらえる年金を増やせるようにする私的年金制度です。
将来のために資金を少しずつ貯蓄しながら、税制優遇も受けられる点が大きな魅力です。

その2 生命保険を活用!

生命保険などの保険料を支払っている場合、「生命保険料控除」という税制上のメリットが受けられます。支払った保険料のうち、年末調整や確定申告などの手続きをすることで、一定額をその年の契約者の所得から控除できます。

≪3種類の生命保険料控除(2020年9月現在)≫
制度の種類 制度の対象となる保険商品の種類
(2012年以降の契約)
所得控除限度額
(各種類の年間の支払保険料がそれぞれ8万円以上の場合)
所得税 住民税
一般生命保険料控除 終身保険など 40,000円 28,000円
介護医療保険料控除 医療保険(※1)など 40,000円 28,000円
個人年金保険料控除 個人年金保険(※2)など 40,000円 28,000円
全体 120,000円(※3) 70,000円(※3)
  • (※1) 健康祝金が支払われる医療保険などは介護医療保険料控除の対象とならないことがあります。
  • (※2) 以下の要件を満たす場合、個人年金保険料税制適格特約(‘90)を付加した契約が対象となります。
    ①年金受取人は保険契約者またはその配偶者のいずれかであること
    ②年金受取人は被保険者と同一であること
    ③保険料払込期間が10年以上あること
    ④年金支払開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、かつ、年金支払期間が10年以上であること
  • (※3) 各保険料控除(一般・介護医療・個人年金)を合計した所得控除額の限度は、所得税で120,000円、住民税で70,000円です。

生命保険について詳しくはこちら

ローン・資産運用・ライフプランなど、お金に関するご相談はこちら

  • お金に関するご相談はほくぎんドリームセンターへ
  • 資産運用のご相談は ほくぎんプラザへ
  • ほくぎんファボーレプラザのご案内

ご来店予約はこちら

おすすめコラム

もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お客さまのご質問にお答えいたします。